ジュビダームビスタボリューマXC

ヒアルロン酸注入と言えば法令線やマリオネットラインのしわ治療の定番です。
当院でもアラガン社のジュビダームウルトラ、ウルトラプラスという製剤を用い治療を行っております。

今回、アラガン・ジャパン社のヒアルロン酸使用軟組織注入材「ジュビダームビスタ® ボリューマ XC」(以下ボリューマ)が、成人における中顔面、下顎部、こめかみの減少したボリュームを増大することを使用目的として、2016年9月9日に厚生労働省より製造販売承認を取得し、同年12月に発売されました。

ボリューマはVYCROSS(バイクロス)という技術で作られています。VYCROSSはどのような技術かというと、分子量の異なる高分子のヒアルロン酸と低分子のヒアルロン酸をミックスして架橋する技術のことのようです。これにより高効率で架橋され、ヒアルロン酸の網目構造がより緊密になり、密度の高いヒアルロン酸製剤となります。その結果、適切なリフト力が得られるのに加えて、注入後の分解吸収を遅らせて長期持続性が得られ、さらには水分を吸収しにくくなり注入後のゲルの膨潤が低減するという良い性質があります。

ボリューマの用途ですが、ウルトラやウルトラプラスが顔のしわや溝の修正を主な目的としているのに対して、ボリューマは顔全体のたるみや頬、顎、こめかみなどのへこみ、くぼみといったボリューム減少の改善、顎を尖らせてシャープなフェイスラインを作るなどを目的としています。
たるみ治療としては当院ではタイタンやシークレットなどの治療も好評ですが即効性がありません。そこでボリューマでたるみ改善凹みの補充、顎や頬のボリューアップをしておき、タイタンなどで維持していくのがオススメです。

ジュビダームビスタボリューマXC