ニューダーマローラー療法

ニューダーマローラー療法とは、あなたの肌本来の再生能力を利用する美容医療の方法の一つです。特徴はマイクロスパイクと呼ばれるおよそ200本の細かい針(ステレンススチール製の超微細針)を使います。ニューダーマローラーを行うと、超微細針が皮膚の真皮に細かい穴をあけます。これは極小の傷なので、皮膚にほとんどダメージは残しません。ニューダーマローラー療法は肌にダメージを与えずに、新しいコラーゲンを作り出すことで、内側から肌にハリを与える治療です。

ダーマローラーを転がすことでできた微細な穴に対し、成長因子が放出される

成長因子により、線維芽細胞が呼び寄せられコラーゲンを産出

コラーゲンに支えられて毛細血管が発達し、新鮮な血液が流れ込む

新鮮な血液とともに栄養や酸素が線維芽細胞へ供給されることで、さらにコラーゲンの産出を促す
*施術最後にビタミンCあるいはプラセンターのイオン導入をします

●適応症状
小ジワ
毛穴の開き
ニキビ跡や傷痕

●2週間に1回5回程度の治療後維持治療として3~6ヶ月に1回の治療継続をおすすめします。